郷に入れば郷に従う、基本マナー

郷に入れば郷に従う、基本マナー

マナーというのは、一緒にその空間にいる人に不快感をあたえないように、気持ちよく過ごすようにするためのものです。人によって多少、感性の違いはありますが、最低限のルールを決めておけば多くの人が集まったときに便利ですね。

 

その土地の文化や風習、歴史、考え方などがそのマナーに反映されていますので、決して疎かにすることはできません。また宗教的なものも多分に影響していますので、ひとつのマナーやルールを守ることで、その人、その土地、国の信仰や生活に対して敬意を払うことができます。郷に入れば郷に従えですから、ある土地や自分とは違う文化背景の集団に入ったなら、その集団のルールに従って行動するのが無難だし、自分も周囲もハッピーで、スムーズにコミュニケーションすることができます。

 

お互いを思いやる気持ちさえあれば、おのずとそれが相手に伝わり、多少マナーにつたないところがあったとしてもきっと気持ちは伝わるはずです。マナーに従うことで、トラブルを避けることができます。

 

松戸 ラーメン
松戸市の賃貸 物件一覧【抽選で5万円贈呈】