イスラム教の国では

イスラム教の国では

世界三大宗教と言われるイスラム教なので、信奉する国は多いのですが、しかし、基本的なことは守りつつも、食事のマナーなどは地域性が大きく影響しています。そして、礼拝を毎日決まった時間で行うので、厳しい戒律の中で、決まったルールを守りながら食事をしています。

 

こうした事を見ると、宗教によって食事やマナーが大きく違うというのがわかるのですが、しかし、イスラム教圏でもお祈りをされた肉は食べることができて、牛肉、鶏肉、羊肉は食べられます。そして、イスラム教圏はお酒は飲まず、豚も食べません。

 

とにかく食というものは宗教につながっているのですが、イスラム教では、ラマダンという断食があるのでも有名ですね。これはイスラム圏ならではの習慣ですが、旅行などで、イスラム圏にいくという人は、それだけ宗教的なことが理由で、日本にいるのとは様々な違いがあるので、予備知識を身につけておいて、何もしらずに相手に失礼なことをしないように気をつけたいものです。特に、無理にお酒を勧めることなんかは、絶対にしないようにしたいものです。