スペイン料理のマナーとシエスタ

スペイン料理のマナーとシエスタ

地方で根強い習慣として残っているのが、シエスタで、これはスペインなどでは良く行われていることです。最近は、グローバル化などによって、それもあまり見られなくなってきているのですが、しかし、もとは昼に自宅に帰って昼食を取って昼寝して、仕事に戻るといことです。

 

こうしたことを行う為に、スペイン人は、夜遅くまで起きていて、そして、夕食を食べるのが遅くなっています。こういう事もあり、バルといわれる日本の居酒屋のようなものが発達したと言えます。おつまみとお酒をバルで楽しみながら、本格的に食事をします。高級スペイン料理ではテーブルマナーもあり、それをしっかりと守らなければいけないのですが、しかし、これは洋食のマナーを守っていると、大丈夫だとのことです。

 

とりあえず、スペインはランチやディナーは、日本に比べると、遅く行われて、ゆっくりとしていて、お酒も飲むことを理解しておくのがいいようです。フランス料理より気さくで、気張らなくてもいいのが、スペイン料理ですが、魚介類が多く使われて、お米も良く食べられるので、日本でも人気ですね。