タイ料理を食べる時のマナ―は

タイ料理を食べる時のマナ―は

高級タイレストランが出来ていているのですが、センスの良い外観に食材をうまくいかした料理が出されています。タイ料理というと辛さと、独特の甘みと酸っぱさが、特徴です。そして、同時にヘルシーでもあるのですが、こうした味には、癖になるという人も多くて、日本でもタイ料理店は増えています。

 

なので、タイ料理に使う食材も簡単に手に入るようになりました。インディカ米という長くて粘り気がないお米が使われているのですが、これがタイ料理の主食です。タイカレーにはこのお米が良いのですが、食器はフォークとスプーンを使って食べます。そして、右手にスプーン、左手にフォークを持ちます。

 

香辛料に加えて、レモングラスなどもハーブを使うというのが、タイ料理の基本です。ハーブは、独自の香りをもっているものを使用します。カレーなどもスプーンで食べるのですが、もち米は手で食べます。しかし、お皿は持ち上げて食べません。ヌードル類は器は持ち上げず、こちらの方は箸とレンゲを使って食べます。そして、汁もののヌードルは器に口をつけてはいけません。パッタイ焼きそばは炒めものであるので、これは持ちあげて食べてもいいものであるようです。